2017年8月1日火曜日

甲府幕岩

2017/07/31(月)
 堀さんが久しぶりに平日休みという事で、1週間前に行った甲府幕岩へ行った。
現地では晴れて涼しい気候だったが、岩は昨日の大雨のせいでビショビショ、最悪。
しばらく岩が乾くのを待って岩場見物をして過ごす。陽がさしている岩は乾いているが、下部は木々に日差しを遮られなかなか乾いてくれない。

 「動物がイッパイ」中でも乾きが良さそうだったので初めに取り付く。
    左と右にルートがあるが、前回右の方が易しいと言われていたので右から登る。
 「木の実がイッパイ」核心のピンチ持ちが効かずトップアウト出来ず。
 「ピリカ」 ワンテン入ってしまった。

大倉尾根から塔ノ岳

2017/07/30(日)☂
 天気予報で秦野市付近は晴れマークがあったので、久しぶりに歩こうと出かけた。電車で向かおうとしたが、小田急線が倒木の為不通、仕方なく車で出発する。

 大倉口の駐車場に車を止め(土日520円、平日200円)歩き出すが初めから傘をさしてのハイキングになる。それ以降強くはないが、かさを手放せない。
【記録】
大倉11:05-12:40堀山の家12:50-14:00塔が岳14:48-16:30大倉

2017年7月27日木曜日

甲府幕岩

2017/07/23(日)
小雨の降る中、YFスタッフがトップロープを張ってくれたので、悪条件ながらも楽しめました。
今日びっくりしたのは、盲目のクライマーが「深海の幻想」をオンサイトしたということです。深海・・を登った後、我々が登っているエリアにきて登り始めましたが、何か手や足で岩をまさぐりながら、変な登り方をしているな~と見ていたら、YFのスタッフの人が世界的に有名なクライマーだと教えてくれました。
左=木の実がイッパイ

ピリカ
岳でキョン
 【登った課題】 全てトップロープ
動物がイッパイ 5.10b、木の実がイッパイ5.10c、ピリカ 5.10b/c
ナベちゃん 5.8、アイソメトリックス 5.10c、岳でキョン 5.11c

2017年7月2日日曜日

秋田駒ケ岳

計画
2017/06/29  2AM 出発。
浦和まで 下道で 行く。浦和から 鹿沼まで 東北道で向かい 鹿沼から再び 下道で 国見キャンプ場まで 行く。

記録
2017/06/29(木)
 歯のトラブルのため、出発は16時。
 遅れたので、往きは高速を使う事にする
16時半 幡ヶ谷ICから首都高へ入る
17時半 蓮田PA
18:35 黒磯PA
20時18分 吾妻PAでラーメン餃子の夜ご飯 ガソリン 25.0L@134
21:40 長者原SA
23時 花巻PAで 仮眠3時間

2017/06/30(金)
2:43 柴波SA ガソリン 22.5L@141
午前3時 盛岡インターを降りる
午前3時40分「道の駅あねっこ」仮眠2時間
6:40 国見温泉駐車場


国見温泉 7:15出発
 

2017年6月9日金曜日

梅雨の沖縄

2017/5/31(水)☁
 羽田から那覇に向けて出発、空港での手続きもレンタカーの手続きも事前の準備が良かったので順調にすみ、那覇市内に繰り出す。
 まず向かったのがガイド本で調べていた食事処「ピザハウス」しかしナビに入れて向うもそれらしき店が見当たらず彷徨ってしまった。ネットで調べると数年前に閉店して、今年3月に再オープンして場所が変わっていた。
 選んだのは、沖縄県産ジャンボ車エビのフライ、タルタルソース2,500円、スープ、サラダ、飲み物、ガーリックトースト付でリーズナブルでした。


2017年5月30日火曜日

新穂高温泉から高天原往復


 今回の計画は、雪が多いという事でスキーを楽しみながら高天原の温泉に入ることを目的に計画した。結果は、予定通りの好天に恵まれたものの連日の無風快晴の天気に苦しめられ、体力の無さを痛感し、温泉に入る気力も維持できなかった。雪の状態は、GWを過ぎた時期にもかかわらずデブリ等も少なく滑りやすい斜面が残されていた。
2017/05/19(金)快晴
 朝4時に自宅を出発して新穂高温泉登山者用無料駐車場8:30到着。

2017年5月4日木曜日

メトロ南北線植物鑑賞散歩

2017.5.3(水)☀
東京メトロ24時間券を買っまずは白金台駅に、訪れるのは、自然教育園。 ゴールデンウィークとあって 子供連れが多く訪れていました 。



ノンビリ新緑と花を楽しみながら一周しました。

2017年4月25日火曜日

越後駒ケ岳山スキー

2017/4/23(日)☀
 天気予報と自分の体力を考慮して、1泊2日で計画した。結果は天気にも雪にも恵まれ余裕をもってスキーを楽しめました。
記録;石抱橋10:40→11:40尾根取付11:50→14:00道行山→14:16幕場
赤=初日、緑=山頂からの下り(GPSではありません)

三の塔尾根から塔ノ岳

2017/4/20(木)☀
 今年2回目の三の塔尾根
記録;大倉8:08→10:40三の塔→12:30塔ノ岳12:50→14:50大倉
三の塔から
塔ノ岳

大倉尾根の途中でテーブルの上に横になって新緑を見上げる。

2017年4月7日金曜日

多摩湖サイクリング

2017/04/03(月)☀
 多摩湖サイクリングは久しぶり、花見の季節はどうなのかな?
 
何時ものように神田川を遡り井之頭公園へ、平日のもかかわらす、大勢の花見客であふれていました。
井の頭公園から玉川上水沿いの道を走り、花小金井近くの丸亀製麺でお昼御飯とする。


2017年3月26日日曜日

南会津 大戸沢岳山スキー

2017/03/25(土)☀
 週末の天気が良いので、ネットで見た記録の中から良さげな大戸沢岳に決めた。それと単独で行く場合高速料金が週末の方が安いということもある。

【記録】下大戸沢スノーシェッド駐車地7:25→9:40ポコ1386m→10:22ポコ1553m
    →13:15頂上稜線13:45→(中ノ沢)→15:00駐車地

青=登り 赤=下り 赤直線=予定ナビ
 自宅を3/24 22:30に出て、道の駅「たじま」で3時間仮眠して現地入りする。スノーシェッド近くの駐車地は既に埋まっていて、少し先の小さなスペースに車を入れる。

 下大戸沢を少し入った所から疎らに木の生えた尾根の急登が始まる。天気は予報通り青空が広がってきた。急登でスキーが滑るので1386mポコの下でスキーアイゼンを装着する。見た目はきれいだが重たい雪をラッセルしてくれているのは、2名と思われる。

 

 苦しい登りが続き、稜線に出る手前は何処まで登っても斜面が次々に現れる。

やっとたどり着いた稜線、三つ岩岳方面


稜線で滑降準備をしている時足が攣ってしまう。下りは、登ってきた東尾根を下る予定だったが、面白くないとの情報なので北東尾根に変更する。滑り始めると想像通りの重たい雪でテレマークの後ろ足が刺さってしまい力が入る。急な斜面はまだましで、傾斜が緩くなると最悪だった。
稜線から少し降りた所、ここまでは何とか転倒せずに来た
北東尾根に向かう




先行者がみんな北東尾根の左の沢に滑って行っているので後を追う。下るにつれて雪は悪くなる一方で転倒を繰り返す。言い訳になるが、今回は細い方の板を持ってきたので潜ってしまいコントロールが出来なかった。まだ修行が足りないということで、沢を降り切った所からは修行の連続だった。

2017年3月17日金曜日

横須賀走水でカレイ釣り

2017/03/16☀
春恒例の花見カレイ釣りにいってきた。
船外モーター付ボートで7時から15時までカレイを捜しながら、走水沖をうろちょろ、時には横になってのんびり竿をたてる。
釣果は、36cmのカレイ1枚と外道の20cm位のふぐ2匹。朝方は富士山も見えていた。

2017年3月14日火曜日

蒲原山 山スキー

2017/03/12(日)☀
タイム;湯原除雪終了点(441m)8:40→北東斜面入口(1420m)13:00→
    13:50山頂(1625m)14:20→15:20北東斜面の底→
    15:45登りトレース合流→16:22湯原

 以前、紙すき山牧場から蒲原山を目指したことがあったが、その時は山頂には届かず敗退したので、別ルートから山頂を狙った。
 湯原の村の除雪終了点に車を止め歩き出す。昨日登ったトレースがあったので助かった。天気が良く汗をかきながらの登りに 途中でめげそうになったが、14時まで行動しようと決めて頑張る。当初予定していた 1264mのポコは通らず南斜面をトラバースしていく。尾根に上がるとなだらかな尾根上を快適に進む。


滑降コースの北東斜面入口から頂上までひと登りし、なんとかタイムリミットに間に合った。








本当の三角点はもう少し先だが、良しとする。頂上は雪原が広がり、朝日岳から雪倉岳までの稜線が青い空に映えて美しい。

 さて、頂上からの滑降だが、水分を含んだ激重の雪に突っかかり転倒を繰り返す苦難の連続だった。北東斜面をやっと終えシールを付けて登り返し、登りのトレースに合流する。

登りのトレースに合流してからは疎林の中の滑降になり、快適に滑ることが出来た。

コルチナ~中土駅 山スキー

2017/03/11(土)☁
タイム;コルチナスキー場リフトトップ(1340m)10:35→10:50(950m)登り返し→11:40(1130m)11:50→12:00林道(860m)12:10→13:25中土駅(480m)

2月にも滑ってお気に入りになった中土駅コースを再び訪れ、疎林のパウダーを楽しむ。一旦滑り降りてから時間があるので尾根まで登り返して二度楽しめた。林道に出て少しシールで少し登り、再び滑降するが、しばらくは良かったが開けてくると重い雪になり修行の滑りになった。
 

 


2017年3月9日木曜日

湯河原幕岩3/07

2017/03/07(火)☁☀
 今年に入って3回目の湯河原、前日に雨が降ったのでしみだしが心配。まず向かったのは、前2回通った「サンバリー」、やはりハングの上から水が垂れている。
濡れた個所が少ない
「ミスサイゴ」5.10b/cに取り付く。上部のフェイスは細かく、ルート取りを間違えてテン山になってしまう。





前回宿題の「ラブミー」5.11bは濡れているので止めて、場所を「希望峰」エリアに移す。
「卑弥呼」5.11cに細川さんがヌンチャク掛けで登る。続いてトップロープで登ったが右の壁は使わないという限定があり、どこから許されるのか判断に迷う。細川さん2回目でR.P.する。
「帰還兵」5.10c体振ってレイバックらしいが、その前の部分も難しくテン山になってしまう。







最後に細川さんが、「シャクシャイン」の左にある
「ネグリッタなすがまま」5.11cに登るが、登った形跡がほとんどなく極端に悪っかたらしい。

シャクシャインを登ってみたいと思ったが、他のパーティーが来たので止めて見物する。

2017年3月1日水曜日

湯河原幕岩

2017/02/27(月)☁
 再び幕岩に来た。5日前より気温が低い。エリアは前回と同じ「サンバリ―」、メインエリアは浸みだしが見られるので、一段登った岩に行く。
 アップは「花と月5.9+」、
 次におそらく幕岩で最もかぶったルート「マザースカイ5.11b」始めに細川さんがムーブを確認しながらトップアウトする。続いて登ったが、ワンテン入ってしまい2度目でクリアする。ムーブが分かればお買い得な課題。

 そろそろメインも乾いた頃、前回の宿題
「グロー・ユアー・ロック 5.11b/c」に細川さんが取り付き、あっさりクリアする。私も頑張ったが、核心でワンテン入り残念。
 次は隣の「ラブ・ミー5.11b」グレードが隣より低いので・・・と取付くがスラブ部分で悪戦苦闘し、二人で何とかトップアウトしたが、宿題になってしまった。


2017年2月23日木曜日

湯河原幕岩

2017/02/22(水)☀☁
 久し振りに暖かい伊豆でクライミング
幕山の梅祭りが始まっていたので、駐車場は9時からオープン。早めについたので食事をしながら車で待機する。駐車料500円、入園料200円を支払って入山する。帰りは16時半に駐車場が閉鎖されるので注意が必要。

 桃源郷、既に数パーティーがロープを張っていたが、空いていた「アボリジニ 10a」でアップと取付いたが悪くて撃退される。2回目の挑戦で何とかクリアしたが、10aとは思えない悪さに意気消沈する。
 混んできたので上のサンバリに移動する。
登った課題;ドロドロトロ 5.10a
      演歌の花道  5.10c
      グレゴリーおじさん 5.9
      グロー・ユアー・ロック 5.11b/c トップロープでムーブ研究


2017年2月20日月曜日

白馬乗鞍スキー場周辺 day3

2017/02/13 ❄
 今日も雪の朝を迎える。積雪は余りなかったが風があるので様子を見て、10時半頃に出かける。今日は白馬乗鞍スキー場のリフト1回券を購入。リフト終点から若栗の頭を目指して尾根を登る。外人パーティーが多い。


 若栗の頭の手前で
滑降準備をしている人が多いので支度をする。

左の写真は若栗の頭に向かう尾根

ここから右の斜面に滑り込む。急斜面なので斜めに沢方向にトラバースして下ったが、傾斜は緩くならず危なっかしい斜面を転びながら下って行った。

最後の特徴のある堰堤をくぐり、林道を下ると別荘に直接滑り込む。