2017年10月11日水曜日

紅葉の裏剱

タイム
2017/10/08(日)☀
扇沢7:00-ダム7:25-12:00ハシゴ谷乗越ー13:20二股13:40-15:45仙人池分岐
ー16:15池の平

 前日21:30に自宅を出発して 梓川SAで仮眠、扇沢の駐車場に到着すると無料駐車場は満車で有料のみ利用可能という状態だった。連休という事を考えれば当然の事態だと気付くのが遅かった。結果3日間で5千円也の出費となった。 6:30の一番バスには間に合わず、7:00のバスでダムに向かう。
 
 黒部川に下り立ち、橋の上から放流光景をパチリ。

内蔵助谷出合までは、下の廊下に向かう登山者で渋滞気味。

2017年10月3日火曜日

大源太山

2017/10/02(月)☁
タイム;登山口6:15-8:15シシゴヤの頭ー9:05蓬峠分岐ー9:47七ッ小屋山ー
    11:00大源太山ー13:25登山口

 天気が良い週末に続いて月曜も晴れるという予報で計画したが、前日になって崩れる予報に変わった。 道の駅で仮眠し、天気が崩れるので早めに出発しようと、5時起床で登山口に向かった。
 北沢を渡渉して登りに入ると急斜面が続くが、ジグザグに道がついているので比較的登りやすい。周囲はブナの林で気持ちが良く、黄葉が始まれば素晴らしいだろう。
 
登るにつれて稜線上に雲が湧き風も強くなる。黄葉を期待して計画してきたが、今の所全く見られない。




2017年9月29日金曜日

丹沢 三の塔尾根~塔が岳

2017/09/26(火)
タイム;大倉8:00-10:50三の塔ー13:14塔が岳ー16:30大倉

天気予報を確認して出かけたが、山に入ると雲が湧き日差しが届かない。その代り涼しい中を登ることが出来た。
良く見るアザミと違い不気味


 


2017年9月13日水曜日

東北の山旅3日目 白神岳

2017/09/07(水)
タイム;秋田6:15-7:12東能代7:23-8:47白神岳登山口8:55-
    9:35登山口9:45ー10:10二股分岐ー10:45最後の水場10:55-
    12:55山頂13:15ー14:20最後の水場14:25-15:00登山口ー
    15:33白神岳登山口
 秋田駒ケ岳から下山して千貝さんに秋田駅まで送ってもらい、白神岳登山の情報を調べたが、今日中に先に進むことが出来ないことが分かった。仕方なく秋田駅西口駅前の「えびす旅館」に素泊まり(4千円)を確保する。同時に帰りの夜行バスを予約する。晩飯はちょっと高くついたが近くの大衆酒場で済ます。
 
白神岳登山口駅
 奥羽線の中で朝食をとり、東能代で五能線に乗り換えてしばらくすると日本海の景色を堪能して下さいと列車が速度をおとす。


 秋田駅泊りとなったので頂上を日帰りできるか不安を抱えて一生懸命歩いたが、結果として現地案内マップと大差ない時間がかかってしまった。改めて体力の衰えを実感させられた。
 また帰りの列車の時間を間違えていたためにタッチの差で列車を逃してしまい、夜行バスに間に合わなくなるのではと焦ってしまった。十二湖駅までタクシーで戻り、快速リゾートしらかみ(全車指定席)で秋田に戻ることが出来た。



2017年8月1日火曜日

甲府幕岩

2017/07/31(月)
 堀さんが久しぶりに平日休みという事で、1週間前に行った甲府幕岩へ行った。
現地では晴れて涼しい気候だったが、岩は昨日の大雨のせいでビショビショ、最悪。
しばらく岩が乾くのを待って岩場見物をして過ごす。陽がさしている岩は乾いているが、下部は木々に日差しを遮られなかなか乾いてくれない。

 「動物がイッパイ」中でも乾きが良さそうだったので初めに取り付く。
    左と右にルートがあるが、前回右の方が易しいと言われていたので右から登る。
 「木の実がイッパイ」核心のピンチ持ちが効かずトップアウト出来ず。
 「ピリカ」 ワンテン入ってしまった。

大倉尾根から塔ノ岳

2017/07/30(日)☂
 天気予報で秦野市付近は晴れマークがあったので、久しぶりに歩こうと出かけた。電車で向かおうとしたが、小田急線が倒木の為不通、仕方なく車で出発する。

 大倉口の駐車場に車を止め(土日520円、平日200円)歩き出すが初めから傘をさしてのハイキングになる。それ以降強くはないが、かさを手放せない。
【記録】
大倉11:05-12:40堀山の家12:50-14:00塔が岳14:48-16:30大倉

2017年7月27日木曜日

甲府幕岩

2017/07/23(日)
小雨の降る中、YFスタッフがトップロープを張ってくれたので、悪条件ながらも楽しめました。
今日びっくりしたのは、盲目のクライマーが「深海の幻想」をオンサイトしたということです。深海・・を登った後、我々が登っているエリアにきて登り始めましたが、何か手や足で岩をまさぐりながら、変な登り方をしているな~と見ていたら、YFのスタッフの人が世界的に有名なクライマーだと教えてくれました。
左=木の実がイッパイ

ピリカ
岳でキョン
 【登った課題】 全てトップロープ
動物がイッパイ 5.10b、木の実がイッパイ5.10c、ピリカ 5.10b/c
ナベちゃん 5.8、アイソメトリックス 5.10c、岳でキョン 5.11c