2018年4月14日土曜日

奥多摩某所でクライミング

2018/04/13(金)
 Hさんが手に入れた奥多摩某所のトポのゲレンデに行き 久しぶりの外岩で苦しんできました。
                   
天気も良く、明るい里山の春という風情の家々を通り、動物除けの金網の扉を抜けて、川沿いの踏み跡を上流に向います。



ステロイド・クラック
 


岩場のスケールは、圧倒されるような高さと傾斜を持っています。一渡り見学した所で正面にある唯一の5.9のルートへ。
「クリスマスプレゼント 5.9 19m」石灰岩が滑りそうで恐ろしい。
次に取付いたのは、次にグレードの低い
「ステロイド・クラック 5.10d 19m」Hさんがテンションをかけながらトップアウトした後にトップロープで登ったが、被ったコーナークラック部分が悪く敗退。
「クリスマスイブ 5.10d 17m」Hさんの後、プリクリップで
「白井M 5.11a 24m」トップロープでテンション多数で何とか登り切った
「ドボン 5.11a 23m」Hさんのみ登る。
この岩場に通うためにトレーニングしよう・・と

2018年4月3日火曜日

乗鞍岳 山スキー

2018/03/31 ☀
タイム
 乗鞍高原休暇村P 7:45-9:15リフトTop 9:25-12:20乗鞍岳と高天原のコルへ向けてトラバースー13:35最高点(2731m)14:00-14:31トラバース開始点ー
15:16リフトTopー15:33麓(やまぼうし)ー(リフト2本乗り継ぎ)ー16:15休暇村P

青=登り 赤=下り

 休暇村の駐車場に着くと車が満杯、やっと隅の方に突っ込んで一安心する。それ後到着した車は?下の駐車場に誘導されてました。
 リフトが動くのを待つのかなと思っていたら次々とゲレンデを登りだす人が、、、しかし車の台数の比べると少ない。駐車場にいっぱい止まっている車の人達は、もう出発しているのだろうか?
 リフトが動き出すにはまだ早いので自分も出発する。ゲレンデの端を登って、リフトのトップに着くと大勢の登山者やスキーヤーが続々と到着する。
 
 林間に開かれたツアーコースを人々に追い越されながら、マイペースでゆっくり登って行く。天気は快晴、風もなく登っていると暑くなってくる。森林限界を過ぎて開けた雪原に出た所でほとんどの人達が、正面の肩の小屋か右側の摩利支天方向に登って行く。その中で剣ヶ峰と高天原の間の沢を滑る下りてくるスキーヤーが、快適そうに降りてくるのが見えた。
 それならと誰も登っていない沢も良かろうと一人トラバースをして行く。標高が高いので雪面は固く荒れているが、沢の中は風がなく雪も良いのではないかという判断だった。しかし沢は傾斜はあまりないが雪は固く、仕方なくコルの下にある岩の露出した所を目標に登り続ける。
遠く穂高連峰や槍ヶ岳が見えた。

乗鞍岳頂上を見上げる



下りは最悪、転びながらの下りとなり、最後はゲレンデをコースを間違えて降りたために、リフトで登り返して駐車場にやっと到着した。

2018年3月18日日曜日

五地蔵山

2018/03/16(金)雪

【記録】戸隠キャンプ場9:50―10:05第1渡渉―10:21第2渡渉―10:40ワカン装着
    ―12:27予定ルートと合流―14:50五地蔵山―15:37EA0015―
    16:00EA0016―17:16渡渉―17:30戸隠キャンプ場
 前日「しなの道の駅」まで入り仮眠する。6時に起きると外は雨、朝食をとり登山口の大橋に向かう。車が1台駐車していたが、駐車場には水たまりが出来ていてガッカリ。牧場方面に行くためには橋があるのか心配になり、戸隠キャンプ場からの様子を見に行く。相変わらず雨が降り続いているので、雪に変わるのを待って車の中で待機する。

青=予定ルート 赤=実際

2018年3月14日水曜日

守門大岳

2018/03/11(日)
記録;駐車7:20-9:07保久礼小屋9:30-11:25山頂11:40-
    12:05保久礼小屋12:35-13:20駐車
今回の忘れ物=腕時計

 


2018年3月4日日曜日

入笠山

2018/02/27
しばらく雪が降っていなかったので、雪は固く頂上は土が出ていた。天気が良かったので頂上からは360°のパノラマ

2018年1月7日日曜日

北岳・敗退

2017/12/30(土)
 前日奈良田まで入り、駐車場でテントを張って仮眠する。
登山口まで12km位の林道歩きがあるので、物置に眠っていた古いキャリアを持ち出して引っ張って行くことにした。主に3人分の登山靴を積み、スニーカーでアプローチする。
 登山口からいきなりの急登で重くなった荷物にあえぎながら登る。何とか池山小屋までは順調に来たが、小屋から体調がいきなり変わって、苦しい登りになる。限界を越えてしまったような感じがする。1時間ほど登った樹林帯の中でテントを張ることになり、一安心する。
夜は野菜たっぷりの寄せ鍋に舌ずつみをうち、お酒も飲み満足する。真ん中で寝かせてもらったので夜は快適に寝ることが出来ました。




2017/12/31
 4時半起床、6時出発まだ夜明け前なのでヘッドランプを付けて出発する。青空が広がっているが、樹林帯から出ると強い風が吹き体を持って行かれるようだ。ボーコンの頭から少し先に行った頃から下山してくるパーティーとすれ違うようになり、我々も検討したが危険と判断して引き返す。



テントに戻ってもまだ昼前なので、時間を持て余し 食べて飲んで寝ての消化試合となる。夜は受信状態の悪いラジオで紅白歌合戦を聞きながら過ごしたが、最後まで聞かずに寝てしまった。

2018/01/01
 久しぶりに元旦を山の上で迎えた。野菜たっぷりのお雑煮を食べ、天幕を撤収して暗いうちに下山を開始する。
 下山後の温泉は、西山温泉ー源泉掛け流しに入ったが、ちょっと変わった造りの湯船でぬるめの湯だったのでゆっくり入って身体を温めた。

2018年1月5日金曜日

伊豆城山 クッキングワールド

2017/12/25(月)

いつもの平日組、堀細自分の3人で堀さん希望のクッキングワールドに向かう。城山山頂と葛城山の間にある峠に駐車して、ハイキング道から山頂に登り急な道を下ると小さな岩場に到着。
登ったルート
 イタリアンジェラート 5.8
 トマッテーナ 5.10b
 青椒肉絲 5.10b
 ストロガノフ 5.11c 全く手が出ず